maneo(マネオ)で2.3億円の案件が遅延

新着:2019年1月9日 NEW!

新着:2019年1月9日

2019年、新年早々の延滞発生です。
maneo(マネオ)社では、昨年から億越え案件の遅延が相次いで発生しています。

今回の遅延は、2017年6月29日(約1.5年前)に貸付が実行された18ヶ月の長期案件の遅延となっています。

以下、内容です。

【延滞発生に関するご報告】
いつもmaneoをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度、下記融資案件について、2018年12月28日を最終弁済期限とする元金の未回収が発生いたしました。
対象ファンドの詳細と今後の債務者からの回収、投資家の皆様への分配について、以下のとおりご報告させていただきます。

1.融資案件の概要
ローンID  5935
ファンド名  不動産担保付きローンファンド628号
案件名    【事業者U社向け】不動産担保付きローンへの投資(第1次募集)
貸付実行日  2017年6月29日
融資金額   40,000,000円
最終返済日  2018年12月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=2225
残高     40,000,000円

ローンID  5937
ファンド名  不動産担保付きローンファンド630号
案件名    【事業者U社向け】不動産担保付きローンへの投資(第2次募集)
貸付実行日  2017年6月29日
融資金額   40,000,000円
最終返済日  2018年12月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=2227
残高     40,000,000円

ローンID  5941
ファンド名  不動産担保付きローンファンド631号
案件名    【事業者U社向け】不動産担保付きローンへの投資(第3次募集)
貸付実行日  2017年6月29日
融資金額   40,000,000円
最終返済日  2018年12月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=2228
残高     40,000,000円

ローンID  5947
ファンド名  不動産担保付きローンファンド632号
案件名    【事業者U社向け】不動産担保付きローンへの投資(第4次募集)
貸付実行日  2017年6月29日
融資金額   40,000,000円
最終返済日  2018年12月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=2229
残高     40,000,000円

ローンID  5949
ファンド名  不動産担保付きローンファンド633号
案件名    【事業者U社向け】不動産担保付きローンへの投資(第5次募集)
貸付実行日  2017年6月29日
融資金額   40,000,000円
最終返済日  2018年12月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=2230
残高     40,000,000円

ローンID  5951
ファンド名  不動産担保付きローンファンド634号
案件名    【事業者U社向け】不動産担保付きローンへの投資(第6次募集)
貸付実行日  2017年6月29日
融資金額   30,000,000円
最終返済日  2018年12月28日
URL    https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=2231
残高     30,000,000円

本件融資はmaneo社から同一の債務者(事業者U社)に対するもので、「maneo」において「不動産担保付きローンファンド」として募集いたしました。

2.経過
2017年6月にmaneo社が事業者U社に対して事業資金融資を行うため、2億3,000万円を募集させていただきました。

その融資の保全策としてmaneo社は、事業者U社の親会社が所有する東京都中央区の土地建物に対して、根抵当権を設定いたしました。

当初、以下の(1)及び(2)の返済方法を想定しておりました。
(1) 担保不動産の売却による返済
(2) 金融機関からの借り換えによる返済
(1)を主体に(2)も含めた実現可能性を踏まえ、ファンドの募集をいたしましたが、当初の計画どおりの対応とならず返済期限の到来に至りました。

その主たる理由として、事業者U社の親会社が、対象不動産を担保とした借り換えや売却活動を行ったものの、当初希望した借り入れ条件や売却金額の提示に至らないために判断を保留していたことが挙げられます。

3.回収の見込み
maneo社は、事業者U社に対する債権回収の方法として、以下のような対応を想定しております。
(a)事業者U社の親会社に対して、担保不動産の任意売却や借り換えを再度要請する
(b)担保権を実行し、担保不動産を競売にかける
(c)担保付きの債権をサービサー等に売却する
これまでにmaneo社は、(a)の方法により融資資金の回収を試みておりました。

今後は、(b)及び(c)の方法によっても回収を図るべく、先ずは(b)の担保不動産の競売を申立てます。
(b)につきましては、現状のmaneo社の先順位の債権額(元金のみ)は約12億1,800万円となります。

募集時の先順位は約17億円でしたので、担保余力は募集時との比較において増加しております。

また、(c)の債権の売却につきましては、現在のところ具体的な候補者は存在しておりません。

ただし、(c)につきましては、(b)以上に早期回収が図れる利点があるため、(b)の対応と並行して元金を棄損しない譲渡対価での債権購入者を探索して参ります。
上記方法を一つずつ実行すると共に、適宜その状況を報告して参ります。

4.今後の状況報告について
該当投資家の皆様には、回収の進捗状況等につきまして、定期的にメールにてご報告いたします。

次回については1月18日を目途にご報告いたします。何卒ご理解いただきたくよろしくお願いいたします。

5.その他
該当投資家の皆様の「my maneo」内の「運用予定表」には1月8日までは「正常」と表示されます。1月9日以降は「期失」と表示されます。
「返済実績一覧」ページの「ローンファンド運用状況」の該当ページも、1月8日までは「運用中」と表示されます。1月9日以降は「期失」と表示されます。

上記「1.融資案件の概要」の6件につきましては、12月28日に債務者から利息の入金はございましたが、元金の返済がなされず、延滞となりました。

なお、12月28日に入金となりました利息につきましては、1月24日の分配を予定しております。

投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
今後、全力で回収に努め、進捗をご報告いたします。

2019年1月8日
maneo株式会社(営業者)
maneoマーケット株式会社(第二種金融商品取引業者)
引用元Link

案件概要ページに記載されている内容とスキーム図です。
https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=2225

・事業者Uの事業資金(事業概要は太陽光発電事業等と記載)
・募集総額は2.3億円
・運用利回り 8.5 %
・借入期間 18 ヶ月
・貸付実行日 2017年6月29日
・最終返済日 2018年12月28日
・事業者Uの親会社が所有する土地、建物に担保を設定
・現時点での評価(タス評価)は、約23億7,900万円

事業者Uの事業資金として2.3億円を募集とあるだけで詳細な使い道は不明。
自由に使える事業ローン的なものなのでしょう。

この記載内容とスキーム図を見る限り、貸付金額(2.3億)より担保余力の方が大きいので、100%満額返ってくるのでは?と思える内容です。
お知らせ文中にも、担保価値が当時よりも上がっているとの記載もあります。

ただ担保評価が「タス評価」となっているのが気になるところです。
タス評価とは、不動産鑑定評価の手法に基づく不動産価格査定システムでインターネット上で簡単に利用できるものです。
参考:http://db.g-search.or.jp/map/WTAT.html

事業者Uとしては、リファイナンス(満期借り換え)で乗り切る予定だった?感の強い案件です。
2018/07/13の業務改善命令を受けてリファイナンス条件が厳しくなった影響かな?

管理人fは、この案件には投資していません。
引き続きの情報は該当案件に投資している個々に送られるようです。
状況追加は、確認でき次第あげていきたいと思います。

追記:2019年1月9日

対象案件の借主であるU社ですが、過去に完済実績があるのを見つけました。
https://www.maneo.jp/apl/information/marketinfo

金額は今回の遅延案件と同じ2.3億円で、完済案件と遅延案件の間に2年間のラグがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする