■ソーシャルレンディングは簡単、気軽に始められる

「ソーシャルレンディングの概要、メリットとデメリットを理解した。実際に投資するにはどうしたらいいか?」そのような疑問に答えて、簡単な申込の流れを説明、仲介会社(業者)を紹介します。

口座開設には厳しい審査があるわけではなく、インターネット上で簡単にすることができます。まずは口座を作って、気に入った案件があれば投資するというのもいいでしょう。

■メールアドレスと本人確認書類があればすぐに手続き可能

申込の流れや必要なものは業者によって違いますが、ここでは簡単に基本的な流れを紹介します。

証券会社や銀行などと同様に、まず業者に投資用の口座開設をします。銀行振込やインターネットバンキングで入金すれば、いつでも投資できるようになります。あとは募集している案件を見つけて、いくら投資するのか決め、申込。あとは分配金の配当を待つだけです。

申込から実際に投資ができるまでには、最短2・3日から業者によっては1~2週間かかります。申込手続き自体は、住所氏名などの入力、本人確認書類の送付など、10~30分くらいでできます。

口座開設にあたって審査が必要になり、収入や金融資産などを入力する必要があります。自分がローンを組むときと違って、収入証明のような書類が必要になることはあまりないので安心してください。

書類としては、マイナンバー確認書類と本人確認書類が必要です。ソーシャルレンディングは金融商品取引業者にあたるので、マイナンバーの登録・確認は義務となっています。マイナンバーカードがあれば本人確認書類を兼ねることができるので、1枚で足ります。スマートフォンで撮影してメールに添付したり、インターネットでアップロードしたりできるので、それほど手間はかからないと思います。

申込をすると、業者から入力したメールアドレスに受付確認メールが届き、今後の流れを指示されます。

その後審査が行われ、口座開設手続きが完了します。ログインIDなどが書かれた書類が送られ、記載の情報をもとにログインできることを確認すれば、あとは入金するだけ。指定された口座に銀行振込で入金します。

maneo


maneoは日本最古参、パイオニアといえる業者です。2008年の設立から2016年までの8年間で、成立したローンの総額は600億円を超える最大手でもあります。

かつては個人融資を行っていましたが、貸し倒れが発生したことがあり、現在は事業性ローンが中心となっています。利回りは5~8%で、6%前後が多い印象です。

借り手の事業内容などがわりと詳しく掲載されており、担当者のコメントもついているので、自分で融資をしている感覚があります。

得意分野によって関連会社を分けており、別のサービスとして提供しています。海外不動産投資のガイアファンディング、地方創生型のさくらソーシャルレンディングなどがあります。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング
ネット証券大手のSBI証券の関連会社です。設立は2008年、maneoに次いで歴史があります。

証券担保と不動産担保の2種類のローンファンドがあり、利回りは2~7%くらいです。

比較的短期間で、毎月分配型の案件が多いので、遊休資金を少しの間運営したときなどにいいかもしれません。

ラッキーバンク

ラッキーバンク

全案件、不動産担保で安心のソーシャルレンディングサービスです。
無料で口座が開設でき、利回りも年6%~10%と好利回り。
数万円からはじめられるところも魅力です。

不動産投資を検討しているがハードルが高くなかなか着手できていない方にもおすすめです。

クラウドバンク

クラウドバンク

クラウドバンクは資産運用と社会貢献を両立した新しい資産運用サービスです。

「海外投資」や「不動産」など、さまざまなテーマのファンドに1万円から投資が可能で実質平均年利回りは6.78%(2016年運用終了したファンド実績値)です。

不動産担保や代表者保証を確保することで、 資産保全性を高めています。

OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook

全案件、1万円からの少額投資が可能ですので、まずは小さく始めてみたい方にもおすすめです。

投資案件は全て不動産のプロが厳選した不動産担保付。LTVチェックによりデフォルトリスクを最小限にしているから安心です。

利回り(年換算)は5%~6%が中心で、サービス開始より全ての案件で満額成立、かつ、貸し倒れは1件も発生していません。

クラウドクレジット


海外に特化しておりラテンアメリカ、欧州、アフリカなど様々な地域に投資可能です。
国内で唯一、総合商社(伊藤忠商事)が株主となっています。(2016年10月31日現在)

今後も投資対象国は拡大予定となっているので、海外のファンドに特化して資金の需給を繋ぎ新しい投資機会を狙いたい方におすすめです。

LENDEX

LENDEX

株式会社LENDEXのソーシャルレンディングはリスクを抑えるために案件の大部分に担保を設定しています。

案件の大部分に担保を設定し、利息は毎月分配。1年以内の短期投資を中心に、数万円の小口投資から。会員登録、口座開設、口座維持手数料無料。大手不動産会社から国内不動産の査定書を取得。など、投資家の方に、高利回り、安定性の高い投資を提供しています。

■スマートレンド

スマートレンドも、maneoの関連会社のひとつです。募集手続きや投資家の審査などはmaneoマーケット株式会社が行います。

スマートレンドの特徴は、取り扱う投資案件が幅広いこと。代表の柳澤氏は米国公認会計士として監査やM&Aなどの実務に携わり、大企業の役員や自身による起業も経験。税理士や会計事務所とも提携し、ベンチャーから大企業まで、幅広い投資案件を募集しています。

利回りは5~10%ほどで、3万円~投資可能です。maneoなどに比べると、小口の案件が多いようです。

■みんなのクレジット

みんなのクレジットは2015年設立と後発ながら、およそ1年半で35億円のローンを成立させてきた実績があります。

比較的高利回りの案件が多く、年14%以上も少なくありません。最低投資金額は10万円~が多く、初めての投資としては少しハードルが高いかもしれません。全案件の8割近くが不動産事業に関するものです。

■利用を検討中の人も複数口座を持っておくのがおすすめ

このほかにも、ソーシャルレンディングを運営している業者はまだまだあります。それぞれ、取り扱う募集案件に特徴があったり、独自の強みがあったりするので、複数口座を開くのもいいでしょう。分散投資になりますし、勉強にもなります。

申込手続き自体は、漫画1冊読むくらいの時間でできます。それから審査と業者側の事務手続きがあるので、実際に投資できるまでにはタイムラグがあります。気に入った案件があったけど間に合わなかった、ということのないように、あらかじめ口座を開いておくことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする