ソーシャルレンディングのリスクを知ろう!

基本リスク

・事業者リスク
・案件リスク
・業界リスク

詳細リスク

資金拘束(時間リスク)

募集総額

運用期間

運用期間の短い案件は、投資資金をリスクに晒す時間が短いので、事故や事件に遭遇する時間リスクは小さくなります。
ただ、1案件にかかるIN/OUTの時間損失が多くなり、利益に対してはマイナスになります。

運用期間の長い案件は、時間リスクは大きいですが、IN/OUTの時間損失が少なくなり、利益に対してはプラスになります。

案件を選ぶ際には、運用期間の短長から見たメリット/デメリットをしっかりと把握しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする