トラストレンディングが金融商品取引業の登録取り消し

トラストレンディングが第二種金融商品取引業の登録取り消し及び業務改善命令の行政処分を受けました。

原因は、前回のこれですね。

・高速道路ファンドで大手ゼネコンJVから受注なし(虚偽表示)
・取締役の山本幸雄氏が実質支配する会社に約15億8千万円が流出

虚偽表示と資金流出となれば、致し方のない処分かと思います。

詳しくは、トラストレンディングのHPにアナウンスが出ています。
当社に対する行政処分について

今後は、
・既存ファンドの運用業務
・資金回収業務
に注力するとの事です。

新規募集ができないと、SL事業からの売り上げがなくなります。
会社の資金繰りが今後の問題点になるかと思います。

管理人エフは、トラストレンディングには投資していません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする