口座開設をしよう!

口座開設Kitの作成

口座を開く時には、どの事業者でも共通して提出しなければならないものがあります。

・免許証の表と裏の写真
・myナンバー通知書の写真
・銀行口座ログイン後のWEBページの画像(口座番号、名義人等の表記が写っているもの)

口座開設の都度都度、各種書類を用意するのは非常に億劫になります。
なので、上記一覧を口座開設Kitと呼んで自分のPC内に作成しておくと非常に便利です。
ソーシャルレンディングに限らず、いろいろな投資案件に口座開設する人にはお勧めです。

免許証のない人はパスポートや健康保険証。
myナンバーは通知書ではなく、myナンバーカードでもOKです。

複数の事業者の口座開設を一度にやる!

口座を開設する時は、いろいろな事業者の口座開設を一度にやっておくと手間が省けます。

maneo(マネオ)で口座開設するとmaneoファミリー全ての事業者に同じIDで投資できる「会員情報の連携機能」というのがあり超便利です。
詳しくは、こちらを見てください。

集中投資スタイルの人は、1社のみの口座開設でもOKです。

分散投資スタイルの人は、好き嫌いせず全ての口座開設を済ませておくのがbestです。
上から順番にコツコツと口座開設をしてください。

口座開設しておきたい事業者一覧

maneo(マネオ)
SBIソーシャルレンディング
Funds(ファンズ)
OwnersBook(オーナーズブック)
クラウドクレジット
クラウドバンク
LENDEX(レンデックス)
FANTAS funding
ポケットファンディング(PocketFunding)
CREAL(クリアル)
Nextshift Fund(ネクストシフトファンド)
Renosy(リノシー)
TATERU(タテル)
bitREALTY(ビットリアルティ)
SAMURAI(サムライ)
トラストレンディング

口座開設は事前にやっておく!

口座開設の申し込みはWeb上で簡単にできますが、直ぐに案件への申し込みはできません。

口座開設を完了させるためには、本人確認が必要になります。
本人確認は、事業者からの郵便で行われます。
早ければ数日で郵便が届きますが、大抵の場合は1週間前後かかります。

人気案件は、募集開始から数分~数時間で募集終了になる事があります。
口座開設と投資資金の振り込みは、事前に済ませて、申し込みに備えておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする